no-image

【解決策まとめ】首のザラザラが心配?かゆくないのに原因は?

首にできたかゆくないザラザラの正体って何?

かゆくないものの、首にざらざらするものができていて何なのか気になるという状況の方もいるでしょう。

そのような状況が長く続くと、体に何らかの異変が出ているのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。

実はざらざらする原因には、複数のものが考えられます。そのため違和感を感じる原因を把握することで、どのように対処したらいいのか把握することが可能です。対策法を実践して、気になる首のざらざら問題を解決できるようにしましょう。

首のざらざらがかゆくないなら【古い角質】の可能性が高い

首のざらざらがあってかゆくないという状況であれば、古い角質である可能性が高くなります。

首にできたかゆくない古い角質は、別名老人性イボとも呼ばれています。老人性という言葉からもわかる通り、80代以上の高齢者を中心に起きる症状です。80代の方であれば、ほぼ100%の方が老人性イボに悩まされます。

ですが高齢者のみの悩みというわけではなく、20代の方でも発症する可能性があるので注意が必要です。少し隆起している程度なので、生活に大きな影響を与える心配もありません。

首がザラザラに感じてしまう原因①紫外線

生活に影響がないと言われても、首でわずかでも隆起している部分があると気になるという方もいるでしょう。

そこでどのような原因で症状が出るのか把握するのも1つの手です。例えば原因の1つに、紫外線があげられます。

皮膚はターンオーバーを繰り返していますが、年齢を重ねると古い角質が蓄積されやすくなります。古い角質が蓄積された状態で紫外線で肌がダメージを受けることで、隆起してしまう部分が出てしまいます。屋外で作業をすることが多い方は特に注意が必要です。

首がザラザラに感じてしまう原因②乾燥

紫外線だけではなく、乾燥も首にざらざらするイボができてしまう原因の1つです。肌が乾燥している場合、外からのダメージを受けやすくなります。

そのため乾燥している状態で何らかのダメージを受けた場合、老人性イボという症状につながる可能性があります。

特に寒い冬場に外で作業をしている場合、肌が乾燥しやすくなります。仕事をする環境などによっては、皮膚から水分が失われないようにするためにはどのような対策が必要か考えるようにしましょう。

首がザラザラに感じてしまう原因:首元の刺激や摩擦

衣服を着るとき、首に布がこすれてしまうようなこともあります。特にタートルネックのようなものだと、脱衣の時に摩擦がおきる可能性が高くならうので注意が必要です。

このようなこすれによる刺激や摩擦を繰り返すことで、かゆくないざらざらでも気になるようになるかもしれません。

もしも布などが触れるのが気になるようであれば、着用する服に注意するのも1つの手です。服の素材によっても刺激を受けやすいということがあるので注意しましょう。

首がザラザラに感じてしまう原因:ターンオーバーの乱れ

皮膚はターンオーバーを繰り返すことで、ダメージを受けてもきれいな状態を保つことができます。

ですが年齢を重ねるにつれて、肌が行う修復作業が遅くなります。そのような変化が起きた場合、外からのダメージが修復される前に次の刺激を受けることになります。

そうしてダメージが蓄積されることによって、首がざらざらに感じてしまうような状況になるのです。ターンオーバーの乱れというのは、年齢を重ねれば誰にでも起こる可能性があります。

首のザラザラを改善する方法①スキンケア

年齢を重ねることが症状が出る原因の1つだからといって、対策法がないわけではありません。例えば簡単にできる対策方法の1つに、スキンケアがあげられます。

洗顔をしっかりと行って古い角質を取り除き、保湿で肌を乾燥から守るようにしましょう。実際に洗顔をするときに注意が必要なのが、ゴシゴシ洗わないという点です。

強くこすると、きれいにしているつもりでもダメージを与えてしまいます。そのため洗顔料で包み込むような形で、優しく洗ってあげることが大切です。

また洗顔後に早い段階で保湿をすることで、肌から水分が必要以上に失われるのを防げます。

首のザラザラを改善する方法②紫外線ケア

紫外線が原因の1つになっているため、UVケアを行うことも忘れないようにしましょう。特に日焼けをしやすいのは首元のため、どのような対策を行えばいいのか把握しておくことが大切です。

例えば日焼け止めを使うとき、頬などには塗っても首元に塗り忘れる方もいます。露出している肌全体に日焼け止めを塗るようにしましょう。

また首元はタオルをかけておくなどの方法で、露出を防いで日焼けをしないように工夫するのも1つの手です。

首のザラザラを改善する方法③刺激や摩擦を避ける

首元の刺激や摩擦が原因になることもあるため、それらのダメージから肌を守る工夫も忘れてはいけません。

例えばおしゃれが好きな方の場合には、ネックレスを毎日のようにつけているということもあるでしょう。

ですがざらざらの症状が気になるのであれば、アクセサリーの着用を控えることも大切です。またタートルネックの服など、首元に刺激を与える可能性があるものは避けるようにしましょう。

刺激を与える回数を減らすことで、症状の改善につながるかもしれません。

首のザラザラを改善する方法④クリニックを受診する

自分で工夫しても症状の改善が期待できない場合には、クリニックの受診を検討するのも1つの手です。

クリニックを利用することで、レーザーや液体窒素などによって症状が改善できる可能性があります。

首元にレーザーを照射するだけなので、短時間でざらざらの問題が解決できます。1つ注意しなければならないのが、クリニックを利用するとお金がかかるという点です。

また1度レーザーを照射して症状が改善したとしても、同じような生活を続けていたら再び問題が発生するかもしれません。

症状が出るためにクリニックへ行くとお金がかかるという点を理解したうえで、施術を受けることを忘れないようにしましょう。

安心して施術が受けられるようにするためにも、クリニックの評判などを考慮することも大切です。値段が高くても効果が低いところもあるので、相場と評判の比較も欠かせません。

手軽・安価で改善したい場合は、専用のクリームや美容液などがおすすめ!

クリニックを利用するとお金がかかるので迷っているという方は、安価な改善方法を試してみるのも1つの手です。

安価な改善方法としてあげられるのが、専用のクリームや美容液などを利用する方法です。ドラッグストアなどへ行ってみると、首のざらざらを解決するためにいくつかの専用クリームや美容液が販売されています。

売り場へ行って商品選びで迷ったら、評判を参考にしましょう。評判を調べることで、購入した方が効果を実感できた商品を選ぶことにつながります。

首イボで今一番おすすめなのはこちらのクリアポロン。

公式サイトで購入するとお得に購入することが出来ます。

公式サイトを見てみる

首のザラザラのケアに効果的な成分とは

首元のケアのために美容液などを利用したい場合には、どのような成分が有効なのか把握しておきましょう。

例えば有効成分の1つに、ヨクイニンがあげられます。ヨクイニンとはハトムギのことで、古くから漢方として利用されてきた成分です。

乱れた肌のターンオーバーを改善させて、良質なアミノ酸を補給する効果も期待できます。またあんずエキスには、摩擦や紫外線によるダメージから肌を守る役割が存在しています。

ほかにも有効成分には、ドクダミエキスや保湿効果が高いヒアルロン酸などがあげられます。有効成分に注目して選び、効果が期待できる商品を購入するようにしましょう。

強い痛みやかゆみがある場合は内臓疾患の可能性大

首のざらざらが気になるとき、人によっては強い痛みやかゆみを伴うこともあるでしょう。そのような場合には、紫外線などが原因ではない可能性があります。

内臓疾患の可能性もあるので、自己判断で対応しないことが大切です。もしも強い痛みやかゆみを伴う場合には、我慢せずに早めにクリニックを受診するようにしましょう。

早めにクリニックを受診することで、内臓疾患だった場合でも早期発見することにつながります。

またクリニックで正しい診断を受けることで、症状の原因をはっきりさせたうえでどのように対処したらいいのか考えることが可能です。

まずはセルフケアから初めて見ることがおすすめ!

肌のざらざらが気になるという場合には、紫外線や摩擦などさまざまな原因が存在しています。

クリニックに行って気になる症状を解決することもできますが、施術にはお金がかかります。そこでお金をかける方法ではなく、簡単にできるセルフケアから実践してみるようにしましょう。

原因別に高い効果が期待できるセルフケアは異なるので、自分に合った方法を探すことが大切です。