no-image

【必読】自分で出来るスキンタッグ(首イボ)の治療法は?

スキンタッグは自分で取れるの?

目立つところにできてしまうと人に合う時など気になってしまう「スキンタッグ」はなぜできてしまうのでしょうか?

また、スキンタッグは自分で取れるのか、原因は何なのか気になります。 気になるスキンタッグですが、これは自分で取ることもできます。

自分で取ることができれば通院する時間がない人も気軽に怪我ができますね。 今回はスキンタッグの原因や自分で取る方法をご紹介します。

そもそもスキンタッグとは?

そもそも「スキンタッグ」という言葉自体を聞いたことがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

スキンタッグはイボのことで色は赤・黒・茶色などで1~3mm程度の大きさのものをさしますが、放置していると大きくなってしまうこともあります。

スキンタッグは「首イボ」と呼ばれることもあるものです。その名の通り首にできやすいもので、その他にも瞼や肩、脇の下など皮膚が薄く柔らかい部分にできやすいです。

また、「中年イボ」や「老人性イボ」とも呼ばれることがあり原因の一つに加齢があります。
非ウイルス性のため放置していても皮膚がんなどになる恐れはありません。
しかし、引っ掻いたりすると炎症を引き起こしますし、見た目もきになるものです。

アクロコルドンと軟性線維腫の違い

「老人性イボ」と呼ばれるものには種類があり、スキンタッグの他にも「アクロコルドン」や「軟性線維腫」と呼ばれるものがあります。

全て非ウイルス性のもので病気として特に心配するものではありませんが、30代以降の女性にできやすいということもあり見た目が気になってしまう方が多いです。

どれも原因は同じようなことでできてしまうものですが、大きさに違いがあります。

スキンタッグは1から3mm程度で皮膚から飛び出している見た目ですがアクロコルドンは平らで大きさは1、2㎜くらいです。少しふっくらしている程度で突起は目立ちません。

軟性線維腫はスキンタッグよりも大きく遠目で見ても分かるほどのものです。

スキンタッグが出来てしまう原因①加齢によるもの

老人性イボという呼び名もあるように加齢も原因の一つです。加齢によって肌は水分量が減ります。
イボは肌への刺激によってできてしまいますが、水分量が減り乾燥している肌は摩擦がおきやすくなります。この摩擦の刺激によりイボが出来てしまうのです。

また、年齢とともに肌のターンオーバーは乱れがちです。ターンオーバーが乱れると肌に角質がたまりやすくなってしまいます。古くなった角質の蓄積もイボができやすい状態を作り出しています。

このような加齢による肌状態の変化がスキンタッグを作ってしまう原因となるのです。
加齢は止めようがないのでその他の方法で対処することが大切です。

スキンタッグが出来てしまう原因②紫外線による影響

紫外線は肌への刺激が強く、肌へのダメージを与えます。特に首などは紫外線を浴びやすく、外出するたびにダメージを受けやすい部分です。

皮膚が紫外線によってダメージを受けると、メラニンの生成を始めます。このメラニンはシミの原因です。このシミがイボになってしまうこともあります。

また、紫外線によってダメージを受けた肌は新陳代謝も乱れてしまいます。加齢による新陳代謝の乱れで角質が蓄積してしまうのと同様に、紫外線で刺激を受け続けても角質が蓄積されてしまうのです。

しみの原因ともなる紫外線ですので、毎日のケアを欠かさないようにすると良いでしょう。

スキンタッグが出来てしまう原因③摩擦やアクセサリーなどの刺激

スキンタッグができやすい部分は肌が柔らかく薄い部分です。なぜかというと、柔らかくて薄い皮膚は摩擦やアクセサリーなどの刺激を受けることが多いからです。

摩擦や刺激を付け続けると肌は刺激から守ろうとする機能が働いて角質化してしまいます。
肌の角質化はイボの原因です。そのため、肌を守ろうとする機能が原因となってイボを作りだしてしまうということです。

あまりアクセサリーを付けないという方であっても、服の素材によっては皮膚の柔らかい部分は刺激を受けてしまいます。

もし、スキンタッグができやすいとお悩みであれば服の素材を見直してみるのも良いでしょう。

誤ったスキンタッグのセルフケア方法①ハサミで患部を切り取る

病的な心配がなるとなると忙しくて病院へ行くのを後回しにしてしまうものの、見た目は気になるという方もいるでしょう。

そんな時、病院で行われる切除を行う治療方法をまねてハサミを使って切ろうとしてしまう人がいます。

しかし、これは医師が行う治療であって、自分でのケア方法としては誤った方法です。
切除の仕方によってはきちんと取りきれずに、余計に目立つことになってしまいます。

また、激しい痛みに襲われる危険性もある行為です。このような危険のある行為である上に、肌の状態は何も変わらないため再発しやすい状態のままでいることになります。

誤ったスキンタッグのセルフケア方法②市販薬(イボコロリなど)を使用する

イボのケア方法として市販薬を思い浮かべる方もいるでしょう。有名なのは「イボコロリ」などの市販の外用薬ですが、このような薬は基本的に足や手のイボの治療薬です。

このような治療薬は「サリチル酸」という強い酸の力でイボを溶かして治すというものです。
手や足はスキンタッグのできる部分とは違い皮膚が厚くなっています。

そのような箇所であれば強い薬にも耐えることができますが、首などの皮膚が薄い部分には強すぎるものです。そのため、自己判断で市販薬を使ってしまうと肌を傷つけてしまうことになります。

誤ったスキンタッグのセルフケア方法③イボの根っこを糸で縛る

昔からあるイボの民間療法に細い糸でイボの根っこを縛るとういう方法があります。糸で縛ることでイボがうっ血するためしぼんでいきます。

小さくなったイボは乾燥し糸で切り取ることができるような状態になるため、取ることができるというものです。

しかし、この方法は綺麗にとれるとは限らず跡が残ってしまう原因にもなります。
また、自己判断で非ウイルス性のイボだと判断したものの、ウイルス性のものであった場合、周囲の部分に広がったり家族への感染を起こしてしまうため危険です。

対応を誤ってしまうと、シミや色素沈着、炎症を引き起こしてしまう可能性がある

以上のように病院での治療として行われている方法をまねてみたり、市販薬を適さない箇所に使用することは危険な行為です。上手くいけば綺麗に完治することはあるかもしれません。

しかし、見よう見まねで行ってしまうと炎症を引き起こしてしまうことがあります。

また、痛みを伴うような炎症を起こさないとしても対応を誤るとシミや色素沈着の原因にもなることです。

見た目が気になるからと自分でイボをとって逆に目立ってしまうという結果もありえるのです。

自分で取り除くなら、イボ専用の化粧品やケアグッズを使用するのが効果的

病院で行われるような取り方や、市販薬が使えないとなると自分でスキンタッグを取るにはどうすればよいのでしょうか?

自分でケアするのであれば、イボ専用の化粧品やケアグッズを使用することをおすすめします。

化粧品であれば顔にしようできるものであるので皮膚の薄い首などにも使うことができるものです。

成分としてはヨクイニンやあんずエキスなどが効果的とされています。ヨクイニンとはハトムギから摂れるエキスのことです。これらは、保湿力が高く肌荒れや肌の乾燥を防ぐ効果があります。

また、新陳代謝を活発にしてくれるため肌のターンオーバーを促進します。イボの原因は乾燥や刺激によって新陳代謝が乱れ角質が蓄積してしまうことです。

このような効果があるものであれば、古い角質が溜まるのを防ぎ、溜まった角質を排出してくれることが期待でします。

首イボで今一番おすすめなのはこちらのクリアポロン。

公式サイトで購入するとお得に購入することが出来ます。

公式サイトを見てみる

スキンタッグ予防の為に効果的なセルフケア①睡眠を十分に取る

できてしまったスキンタッグを解消する方法をご紹介しましたが、まずは予防することも大切です。

イボは新陳代謝が乱れることでできてしまうため、睡眠を十分に取ることは大きな効果があります。

肌は夜寝ている時に生まれ変わるため就寝時間や、睡眠の質も重要です。肌の生まれ変わりが活性化する時間帯は22時から3時とされています。

この時間に深い眠りにつくことで新陳代謝を活性化することができます。睡眠時間が不足していたり、この時間に休めていない方は睡眠時間を見直してみると良いでしょう。

スキンタッグ予防の為に効果的なセルフケア②血行の促進

新陳代謝を整えるには血行促進も効果的です。血液は血管を通じて体内に酸素や栄養素を運び、不要な老廃物を回収しています。

血行が良い状態であればこの機能が正常に働きますが、血行不良は新陳代謝を乱す原因です。
一番おすすめなのは適度な運動をすることです。運動をすることで筋肉が付くため、血液を送るポンプが正常に働くようになります。

運動というと時間がとれないという方もいらっしゃるかもしれませんがウォーキングなど軽いものでも十分効果があります。また、入浴時はシャワーで済まさず湯船につかると良いです。

スキンタッグ予防の為に効果的なセルフケア③正しいスキンケア

肌の乾燥は摩擦を起こしやすくイボのできる原因となるため正しいスキンケアも大切です。

顔はしっかりお手入れするものの、首回りまでは行き届いていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

顔のスキンケアをする際には首回りまでケアをするようにしましょう。肌は入浴後に乾きやすくなっています。

入浴後は摩擦を与えず押さえるようにして水分を取り、早めに化粧水やクリームでケアをしてください。その際も擦らず手で包むように行い刺激を与えないことが大切です。保湿だけではなく紫外線対策も顔と同様に行いましょう。