no-image

【必見】首イボケア用のおすすめの飲み薬を紹介!

自分で首イボを治したい!

年齢が上がるにつれて、首にポツポツとしたイボが出来ることも多いのではないでしょうか。最初は小さいものが1つだけだったのに、いつの間にか大きくなっていたり数が増加してしまうこともあります。イボは見た目が気になるので何とかして取りたいと思うものですが、わざわざ病院等の医療機関で診察してもらうのは少し恥ずかしいと感じる人もいると思います。そういった時におすすめなのが飲み薬で、首イボに効果的な理由やどういう飲み薬がいいのかを紹介します。

そもそも首イボとは?

首イボを自分で直すには、自分の首イボがどういった種類なのかを把握する必要があります。首イボにはアクロコルドン・スキンタッグ・軟性線維腫の三種類に分類することができます。アクロコルドンは首イボの中でも最も小さく、平面状の形をしています。スキンタッグはアクロコルドンよりも大きく、球状になっていることが多いです。軟性線維腫は最も大きいサイズで、皮膚科などで切除することもあります。どれも良性の腫瘍なので、体に悪影響を与えることはありません。

首イボが出来る原因

①角質粒

首にイボができる原因の1つに、角質粒があります。角質粒は古い角質が盛り上がったものをいい、主に加齢によって発生します。肥満が原因でできることもあります。なぜ、加齢によってできるのかというと、肌の代謝機能が衰えてしまうからです。本来であれば剥がれ落ちるはずの古い角質が剥がれ落ちずに、皮膚の表面が分厚くなってしまいます。それにより表面が硬く盛り上がってイボになるのです。ニキビのように炎症を伴うわけではありません。

②摩擦

首にイボができる原因として考えられることに、摩擦もあります。首回りの皮膚は非常にデリケートなので、衣服やアクセサリーなどがこすれる摩擦が大きな刺激を与えてしまうことがあるからです。特にタートルネックのような服は首に直接触れている部分が多いので、肌に与える刺激も大きくなります。人によって感じ方は異なりますが、元々皮膚が刺激に弱かったり敏感肌の人は注意が必要です。摩擦や刺激が繰り返されることで、首イボを引き起こしてしまいます。

③紫外線

首にイボができる原因には、紫外線の影響もあります。紫外線は皮膚にダメージを与えることが分かっていますが、首も例外ではありません。紫外線を浴びることによって新陳代謝が活発に行われなくなってしまいます。人の皮膚は新陳代謝を繰り返しているので、本来であれば新しい角質に生まれ変わるものが古い角質が残ったままになるのです。古い角質が蓄積された部分が、今度は隆起したようになります。屋外にいることが多い人は気を付けなければいけません。

自分で首イボケアする際の誤った方法

①ハサミでイボを切り取る

首のイボをケアする際に、やってはいけない方法があります。まずハサミでイボを切り取ってしまうことです。皮膚科などの医療機関でイボを切除することはありますが、自分でハサミを使って切っても綺麗に取り除くことはできないことがほとんどです。切り取り方によっては残った部分が多く、イボが余計に目立ってしまうこともあります。切った部分から細菌が感染して、感染症を引き起こすことも考えられます。また、肌の状態が良くなったわけではないので再発しやすい状態は続いています。

②糸で縛る

昔、民間療法などはイボを取るために根っこを糸で縛る方法がありました。糸で縛るのはうっ血させてイボをしぼませて、糸で切り取ることができるようにするためです。しかし、根っこを糸で縛る方法だと、必ずしも綺麗に切り取ることができるとは断言できません。跡が残ってしまう場合も多く、見た目が悪くなってしまったり余計にイボが目立ってしまうこともあります。そのためイボの根っこを糸で縛る方法はあまりおすすめできません。

首イボケアに効果的な飲み薬の選び方

①首イボに効果的な成分が配合されている

首のイボをケアする商品は色々販売されていますが、何を選べばいいか分からないという人もいると思います。正しい選び方を紹介すると、飲み薬に含まれている成分をしっかりとチェックすることが挙げられます。イボ対策に効果的な成分には、ヨクイニン(ハトムギ)・杏仁オイル・ドクダミエキス・オウバクエキス等があります。これらの成分はイボに効果的なので、飲み薬の中にきちんと含まれているかを確認することが大切になります。

②定期購入の前に返金保証など試しやすいシステムがあるか

首のイボをケアする商品を選ぶ際には、試しやすいかも重要になります。定期購入をしたものの、あまり効果が無かったというのではせっかく購入したものが無駄になってしまいます。すごく効果があったという人がいても、その商品が自分に合うとは限らないからです。でも、定期購入の際に返金保証などがあれば、効果が感じられなかった場合に返金に応じてもらうことができます。返金保証ができる期間は限られていることが多いので、事前に確認するようにしましょう。

③添加物などの刺激が強い成分が入ってないか

首のイボケア商品を選ぶ際には、添加物などの刺激が強い成分が入っていないかも重要です。市販のクリームなどには防腐剤などの刺激が強い成分が入っていることも多くあります。パラベン系の成分やエタノール系の成分などです。直接肌に触れるクリームに強い刺激成分が入っていると、肌に大きな負担をかけてしまうことになりかねません。それが原因で肌トラブルを引き起こすこともあり、イボをケアするどころではなくなってしまいます。

おすすめの飲み薬タイプの首イボケア用品!

ハトムギCRDエキス

首イボをケアするおすすめのアイテムに、ハトムギCRDエキスという飲み薬があります。この飲み薬には、ハトムギの有用性を最大限に抽出した成分が含まれています。ハトムギはイボに高い効果を持つ成分として有名なヨクイニンが含まれているもので、殻ごとエキス化してあります。国内産のハトムギを使用している飲み薬で、ハトムギが持つ力が凝縮しています。1ヶ月飲み続けているうちに、首のポツポツが気にならなくなったという人もいます。

DHC20日はとむぎエキス

首イボをケアするおすすめのサプリメントに「DHC20日はとむぎエキス」があります。「DHC20日はとむぎエキス」には、ヨクイニンとして知られているハトムギエキスが13倍に濃縮して含まれています。ハトムギは漢方にも用いられてきた植物で、古来から生命と健康の草として重宝されてきた歴史があります。飲み薬の服用を続けていくうちに、首まわりに出来ていたポツポツとしたものが段々と綺麗になっていきます。20日分を飲み終わった頃には、イボが無くなっていたという人もいます。粒も小さいの飲みやすく、持ち運びにも便利なので外出先などでも利用することができます。また、肌のコンディションを整えて内側から透明感のある肌にしてくれる効果もあります。

薏苡仁湯(ヨクイニントウ)

首のイボをケアするのに最適な内服薬に「薏苡仁湯(ヨクイニントウ)」という漢方があります。「薏苡仁湯(ヨクイニントウ)」は、麻黄(マオウ)・当帰(トウキ)・蒼朮(ソウジュツ)・薏苡仁(ヨクイニン)・桂皮(ケイヒ)・芍薬(シャクヤク)・甘草(カンゾウ)などの生薬が配合されている内服薬です。ヨクイニンによって、首イボをきれいに取り除くことができます。関節痛や筋肉痛に効く飲み薬としても知られています。漢方では体の中に水が溜まると、体に痛みや冷えなどの不調が生じると考えられています。「薏苡仁湯(ヨクイニントウ)」には、体に溜まっている水分を捌く働きがあります。それにより肌の調子を整えて健康に導いています。

ヨクイニンSコタロー

首イボをケアする効果の高い内服薬の1つとして、ヨクイニンS「コタロー」があります。ヨクイニンS「コタロー」は、錠剤タイプの内服薬になります。ハトムギの種皮を取り除いたヨクイニンからエキスを抽出しています。漢方では水が体に溜まることは良くないとされており、水毒体質を改善する働きがある生薬になります。イボに高い効果が期待できますが、それだけでなく肌の状態を整えてくれる効果もあります。体質を根本的に改善してくれる飲み薬なので、首にイボができにくい身体に徐々に変化していきます。錠剤タイプなので飲みやすいのも特徴の1つです。ヨクイニンS「コタロー」は栄養価も高くて、体の中の水分の巡りを良くしてくれます。

当サイトのおすすめ首イボケア飲み薬で治していきましょう!

首イボで悩んでいる方は、おすすめの首イボケア用の飲み薬を利用して治していくようにしましょう。飲み薬はクリームなどとは異なり、根本的な原因にアプローチすることができます。イボができにくい身体に体質改善することができるので、再発することが少なくなります。首にポツポツとしたイボが出来始めたら、早めに対処することが大切です。数が増えてしまったり、サイズが大きくなってしまった場合には治るまで時間がかかることもあります。