no-image

【コレさえ読めば大丈夫】首イボのレーザー治療の全てを解説

首イボのレーザーについて

首イボの治療は複数回に分けて物理的に除去していく方法が一般的です。しかしその他にもレーザー光線を用いた治療法が存在します。最新技術を用いて触れずに除去するものです。そんな首イボのレーザー治療にかかる費用や腫瘍を除去するメカニズム、選択した方が良いメリットや治療後に必要な処置などを具体的にご紹介します。

首イボの治療に使用されるレーザーについて

首イボの治療に使われるレーザー機械は、大きく分けて炭酸ガスタイプとYAGタイプのふたつがあります。同じように強い光を放つものではありますが、原理の段階から異なるものです。それぞれの名前は、光線を発生させるための元となる物質を指しています。
これらはお互いに得意とするイボの特徴が大方決まっていて、それを含めて体質や医院の方向性などによって決められます。自身に合った施術を受けるために、この違いなどをしっかり説明してくれるところを選びましょう。

 

首イボレーザー治療のメリット

他の施術は医師の手によって物理的に除去する形であるため、どうしても血管の損傷は免れません。そのため多少の出血が見られますが、レーザーを使用すると出血はほとんどありません。傷つける血管が非常に少ないだけでなく、もし傷つけてしまってもすぐに止血する作用も持ち合わせているからです。
そして首の皮膚は非常に薄くデリケートであるため、首イボは場所によっては迂闊に手を出すことができません。その点直接触れることがないので、敏感な場所でも使用できるのが強みです。

 

首イボレーザー治療のデメリット

レーザーは強い光であり、それを照射すると皮膚は火傷のような反応を示します。大体が日焼けのような症状で済ませられますが、体質によっては火傷を引き起こしてしまうデメリットを孕んでいます。
またハイテク技術を使用するからと言って、全てが自動で首イボを取ってくれるわけではありません。機械を使用するのは医師なので、彼らの手腕に左右されます。もし未熟な医師に当たると傷が残ってしまったり、除去が不十分であったため再発するリスクは他の施術と同じです。

 

首イボのレーザー治療の詳細を記載①炭酸ガスレーザー

首イボを除去するレーザーの内、炭酸ガスを使用するタイプは細胞内の水分に反応する特徴を持っています。そしてそこから熱を生み出し、物理的に首イボを除去するメカニズムです。
肌の皮膚細胞は、どこを取っても水分を保持しているところがほとんどです。そのため他の健康な組織を傷つけないように、除去すべき部分に集中して照射する必要があります。それは言い換えると水分さえあればどこでも熱を発生させられるという意味でもあるので、対応できない部分が少なく幅広い施術がおこなえるのが強みです。
照射する位置によって機能する効果が異なり、それらは全て医師の手腕にかかっています。つまり経験豊富で実績のある医師であれば、それだけ確実な施術を受けられます。

 

首イボのレーザー治療の詳細を記載②YAG(ヤグ)レーザー

YAGレーザーは、特殊な複合酸化物を基にして光を発生させます。炭酸ガスタイプとは異なり、色素に反応する特徴を持っています。そのため異常が起こっていない皮膚を設定で傷つけないようにすることが可能で、健康状態である部分にはダメージがないことが強みです。それに伴って照射範囲が広げることができて、複数の腫瘍をまとめて対処することができます。
炭酸ガスタイプは水分があれば反応してしまうため、熱も奥深くまで広がってしまいがちです。しかしYAGタイプであれば表面近くに発生した色素にのみ反応するので、比較的きれいな仕上がりになりやすいです。そして熱によって損傷した組織が元に戻るために要する処置も、簡単に済ませられるものです。

 

首イボのレーザー治療の費用相場

医師の手で除去する施術とは異なり、レーザーによる首イボの治療はそのほとんどが保険を適用できないものです。治療にかかる全ての費用を自身で負担しなければならず、医院によって多少は変化しますが、首イボひとつを取るのにいずれのタイプも大体5000円から1万円は見ておくとよいでしょう。
ただその理由は、イボの多くが良性の腫瘍であり身体に危険を及ぼす恐れが低いことが挙げられます。イボの中にはレゼルトレラ症候群などの強い毒性を持った腫瘍も存在し、そのような場合であれば保険は適用されます。なので検査を受けて腫瘍の種類をしっかりと把握する必要があります。

首イボのレーザー治療後のダウンタイムについて

レーザーを用いた治療の場合、ダウンタイムという期間が付き物です。強い光を当てられたため、患部を含めて周囲の皮膚も赤く腫れて少し硬い状態になります。これが治まるまで待って、やっと治療は完了します。ダウンタイムは個人差がありますが、大体1から2週間を要するものです。
赤く腫れあがった皮膚は衣服との摩擦などでダメージを受けやすく、ダウンタイムでの処置を疎かにすると色素異常を起こしたり内出血してしまう可能性があります。そのため保護テープなどで外的刺激から守る必要があり、身体を洗う際にも気を付けなければいけません。

 

首イボのレーザー治療は、麻酔を使用しているため施術時に痛みを感じることは少ない

 

首イボのレーザー治療は物理的に除去するものなので、そのままでは痛いため、基本的に麻酔が用いられます。そのため瀬術中に痛みを感じることはなく、感じるものといえば施術後に起こるひりひりとした日焼けのような痛みです。
使用される麻酔は基本的にクリーム状の軽いもので、大きな腫瘍であれば注射器を用いた局所麻酔に切り替えられることがあります。いずれにしても意識を奪うほど大掛かりなものではないですが、気がつかない内に施術が終わることも少なくありません。

 

首イボのレーザー治療は、人によって施術回数には個人差がある

首イボ治療に使用されるレーザー機械は強力で、大抵のイポであれば1回だけで除去してしまいます。しかし腫瘍の状態によっては、複数回施術を受けなけらばならない場合もあります。
大きなものであれば一度では光が切り離すべき部分まで届かす、段階的に切り離していかなければばなりません。また毒性が強いものは良性のように除去して終わりというわけにはいかず、身体全体に影響がないかどうかを調べなければならないことがあります。

 

 

首イボのレーザー治療後の注意点①かさぶたははがさない

治療後は皮膚が反応によってかさぶたのような状態になりますが、それを無理に剥がしてはいけません。ただでさえ敏感に反応しているところなので、出血してしまいそこから別の症状を引き起こすこともあります。
下手に刺激を与えるとイボが再発してしまったり、消えない跡となって残る場合も考えられます。なのでたとえ違和感が大きくても医師の指示に従って、自然に収まるまで刺激は与えずに適切な処置のみをするようにしましょう。

 

首イボのレーザー治療後の注意点②乾燥や紫外線には注意が必要

治療後は皮膚が反応によってかさぶたのような状態になりますが、それを無理に剥がしてはいけません。ただでさえ敏感に反応しているところなので、出血してしまいそこから別の症状を引き起こすこともあります。
下手に刺激を与えるとイボが再発してしまったり、消えない跡となって残る場合も考えられます。なのでたとえ違和感が大きくても医師の指示に従って、自然に収まるまで刺激は与えずに適切な処置のみをするようにしましょう。

 

首イボのレーザー治療後の注意点③清潔に保つ

強い光を当てられて赤く腫れあがった皮膚は、元の状態に戻るために無防備な状態と言えます。日常生活においても、不断であれば何ということもないものが悪影響を与える刺激となり得るため、環境を清潔に保たなければなりません。
それは感染面でも同じで、簡単に炎症が起こってしまうため抗生剤入りの軟膏などで対処する必要があります。皮膚の状態を見て施術を担当した医師から処方されるはずなので、自身体質などを事前にしっかり伝えておいてください。

 

レーザー治療が不安な場合は自宅のケアも効果的

首イボのレーザー治療は痛みも少なくかかる回数や期間も小規模なもので済ませられます。しかしデメリットが全くないというわけではありません。

そのためもし不安を感じる場合は、まずは自宅でケアしてみるものひとつの選択肢です。乾燥防止や専用クリームで治せることもあります。

ただ自身でケアできるのは比較的小さなイボだけで、もし大きくなった場合はすぐに本格的な治療に移れるように準備はしておいた方が良いです。

首イボで今一番おすすめなのはこちらのクリアポロン。

公式サイトで購入するとお得に購入することが出来ます。

公式サイトを見てみる