no-image

【必読】イムセラの首イボの効果は?口コミは嘘?

イムセラは本当に首イボに効果があるの?

イムセラとは多発性硬化症の治療薬です。多発性硬化症は脳や脊髄などの中枢神経の軸索を覆っている「ミエリン」と呼ばれる組織が破壊されることで、感覚障害や運動障害などさまざまな症状を引き起こしてしまう疾病です。その多発性硬化症の治療薬がイムセラで、原因と思われている「リンパ球」の働きを調整する効果があります。ここでは、イムセラが首イボを治すのに効果があるのかどうかを、口コミや配合されている成分などいろいろな角度から検証してみることとしました。

筆者がイムセラを実際に使って感じた効果と感想

首イボは、首元から周辺にかけて広範囲にできる濃い肌色の突起物で、触ると少し硬さがありますが痛みはありません。一方、経口薬であるイムセラを服用すると、リンパ節内でリンパ球の表面にある「S1P1受容体」と結合して再び血液中に移動できなくなると共に中枢神経にも入ることができなくなるという効果を発揮します。ところが、イボのできる原因は皮膚の乾燥や、紫外線によるメラニン色素排出機能の低下、加齢などであるため、リンパ球の移動や中枢神経などは直接関係が無いことから、イムセラを服用することによって得られる首イボに対する効果は皆無であることが分かります。イムセラが肌へどのように影響するか検証してみても、明確な結果を得ることはできませんでした。

イムセラに首イボケアの効果が期待できない理由

 

イムセラに含まれているフィンゴリモド塩酸塩は、漢方薬として有名な「冬虫夏草」と呼ばれるキノコの菌成分を元に合成された成分で、リンパ球に直接作用します。首イボは正式には「脂漏性角化症」と呼ばれる良性の腫瘍のひとつで、改善に効果のあるものとしては肌の調子を整えるプラセンタやビタミン類などのスキンケア製品です。したがって、イムセラに含まれている成分はイボには全く影響しないため、服用しても効果は期待できません。そもそもイムセラは首イボ向けのケア商品では無く多発性硬化症の治療のために服用する薬品で、副作用もあるため医師の診断の下、取扱いに注意が必要です。肌の調子を整える「ケア化粧品」とは全く異なるものなので、安易に服用することは危険です。

イムセラよりおすすめの首イボケア用品!

クリアポロン

 

首イボケアアイテムならば、口コミ評価の高い「クリアポロン」がおすすめです。クリアポロンには首イボの改善に効果的な脂溶性ハトムギ油と水溶性ハトムギ種子エキスが配合されているWヨクイニンや、角質層までしっかりと届くビタミンCやコラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタなど、肌細胞を元気にする成分などが豊富に含まれています。オールインワンジェルタイプなので手に取ってそのまま塗るだけですが、口コミ検証によると、使用開始から1ヶ月前後で小さな首イボならしぼんでほぼ分からなくなったと言う声が多く見られます。3ヶ月前後使用するとイボの皮がぼろぼろ取れて、塗っていた部分はキメが細かくなりツルツル肌になると評判です。

 

最安値の公式サイトで購入する

わらびはだ

 

同じく、首イボに効果のあるケアアイテムとして「わらびはだ」もおすすめです。日本皮膚科学会の皮膚専門医で、皮膚科歴12年の実績がある医師も推奨しているケア化粧品で、肌を若返らせる効果があると評判です。ヒトオリゴペプチドと呼ばれるノーベル賞を受賞した美容成分が配合されており、肌の修復と成長を促進する効果があります。オールインワンジェルタイプで、保湿能力が高く塗り込むことにより肌荒れや肌トラブルの改善と、古くなった角質をはがす効果があることから、イボが徐々に目立たなくなります。口コミ検証でも、肌がしっとりとなりイボの改善効果が高いとの声が目立ちます。美容家も使用している化粧品として、幅広い層の女性から支持を得ています。

 

最安値の公式サイトで購入

SU-BE(スーべ) EX

もうひとつ「SU-BE EX」も、おすすめの首イボケアアイテムです。ポツポツケア部門で満足度と信頼度、実感度、人気度、おすすめしたい商品度で1位を獲得した実績があります。有効成分にパルミトレイン酸を豊富に含むあんずエキスと、あんずの種から抽出され、過酸化皮脂の予防や皮膚の老化に効果がある杏仁オイル、肌ケアには欠かせないヨクイニンが配合されており、毎日塗り込むことでピーリング効果が得られます。口コミ検証でも皮膚のトーンが明るくなり、最短1週間程度でイボが少しずつ改善されていくのが実感できると評判を呼んでいます。90日間の返金保証もあるので、肌に合わなかった場合でも安心して使えることが人気のケア化粧品です。

 

最安値の公式サイトで購入

当サイトおすすめの首イボケア用品で治していきましょう!

衣類で隠しきれない首回りの肌は、年齢と共にターンオーバーの周期が弱まってしまい、古くなった角質の汚れが元でイボに変化することが多くなります。目立つ部分でもあるため気付いたら早めにケアすることが大切ですが、そのためには首イボ用のケア化粧品であるクリアポロンやわらびはだ、SU-BE EXなどを使うことが重要です。自分ではなかなか気付かない部分でありながら見た目の印象に大きな影響をあたえるので、首イボに悩んでいるなら一度試してみてはいかがでしょうか。