no-image

【必見】イボコロリは首イボに使用してはダメ!理由と他のケア方法を紹介

イボコロリは首イボに使っては絶対ダメ!

加齢とともに首周りにできやすい小さなプツプツとしたイボは、首イボと呼ばれており、主に皮膚のターンオーバーの乱れや紫外線によるダメージが原因で起こるといわれています。一般的に治療は皮膚科などで行いますが、もっと手軽に自宅でケアを行いたいと思っている方に注目されているのが、イボコロリを利用する方法です。 イボコロリは主に足などに出来たイボを治療するために使用する薬品で、イボコロリには絆創膏タイプと液体タイプの二種類が販売されています。使用方法はとても簡単で、気になるイボの部分に絆創膏タイプを貼り付けて放置したり、液体を塗っておくことで自然にイボが除去出来るようになります。 高い効果がある反面、首イボに使用するのはリスクがとても高いといわれています。この理由とて皮膚が厚い足とは異なり、皮膚が薄くデリケートな部分である首周りに使用すると、薬剤によって炎症や跡が残ってしまう危険があるため、直接使用することは危険だといわれているのです。

ただ飲み薬タイプのイボコロリなら使用出来る

イボコロリは直接イボに貼ったり、塗る絆創膏タイプや、液体タイプが主流と言われていますが、デリケートな部位と呼ばれる顔や首周辺には直接使用することが出来ません。
そのため体の内側からイボに効果的な成分であるヨクイニンなどを配合した内服薬タイプのイボコロリが注目されています。ヨクイニンは肌のコンディションやターンオーバーを整える役割を持っているため、継続して飲み続けることで、イボの目立たない美しい素肌を手に入れることが出来ます。

 

おすすめの首イボケアアイテムはこちら!

①クリアポロン

イボコロリは高いイボ除去効果がある反面、薬剤の効果が高いことから皮膚が薄く、デリケートな首周りに使用するのはリスクがとても高い特徴がありました。そこで首周辺のイボケアを行えるスキンケアクリームとして注目されているのが「クリアポロン」です。
このクリアポロンは美容成分が95.8%のオールインワンジェルで、普段のスキンケアの代わりとして顔や首周りに使用することが出来る特徴を持っています。配合成分には角質を柔らかく整える自然派由来の成分が配合されており、肌に優しく健康的に改善していくので、顔や首への使用も安心して行うことが出来ます。
実際に利用している方の口コミを元に検証をしたところ、継続して利用することで肌が明るく柔らかくなったと感じる方や、肌のザラつきが改善したという声がありました。

②わらびはだ

デリケートな肌質の方は、肌に使用するスキンケア化粧品にも肌に優しい成分が使用されている物を利用したいと考えている方は多いです。特に刺激を受けやすい首周りのイボケアなら「わらびはだ」がおすすめです。
このわらびはだは、アロエベラエキスやへちまエキスなどの肌の保湿ケアや角質ケアに必要な有効成分がふんだんに配合されていて、肌に優しいボタニカル無添加オールインワンジェルなので、洗顔後にこれ一つで顔と首、デコルテのお手入れが済ませられるメリットがあります。
実際に利用している方の口コミを元に検証すると、気になっていた目の下のポツポツや首イボによる肌のザラつきが改善してきた感じる方は多く、潤いが不足している部分は重ね塗りすれば潤いが保たれて肌のコンディションが良くなったと評価されています。

 

SU-BEEX

SU-BEEXは首イボに効くとされる杏仁オイル、あんずエキス、ヨクイニンを配合しているので、首イボに直接有効成分を与えることが出来ます。他のスキンケアジェルとの違いとして、この有効成分が肌に浸透しやすいように成分を小さくするナノ化技術を使用しているため、皮膚の角質層奥までしっかり浸透してくれる点が大きなメリットになっています。
実際にSU-BEEXを利用している利用者の口コミを検証してみたところ、ショウガ根エキスが配合されているので、マッサージをすると温感ケアでたるんだ首周りの美容ケアも行える点が評価されていましたし、気になっていた小さなポツポツが除去されて綺麗な素肌になったと高く評価している方が多かったことが検証でわかりました。

当サイトのおすすめの首イボケア用品で治していきましょう!

足のイボなどに使用するイボコロリは、薬品の効果が強すぎることから首などデリケートな部位に無理に使用すると肌に負担となり跡が残ってしまう危険があるため、イボコロリは首イボに使用しないようしましょう。
首イボ専用のスキンケアクリーム、ジェルを利用して継続的にイボが気になる部位のお手入れを行うようにすると、硬くなっている皮膚を柔らかくしてターンオーバーを正常に整えることが出来るようになると口コミ評価が高くなっています。